断捨離のコツ

メルカリとラクマどっちがいいの?使ってみたので比較しました【使いやすさや手数料】

メルカリとラクマの比較

どうも、きょーへいです。

 

メルカリとラクマってどっちを使ったらいいんだろう?

モノを売るときはどっちの方がお得なんだろう?

 

CMなどでもおなじみのフリマアプリの2つ。

 

今回は、いらなくなったものを売る場合にどちらを利用した方がいいのかを比較しながら紹介します。

メルカリとラクマのざっくり比較

きょーへい
きょーへい
まずはメルカリとラクマをざっくり比較していきます!
メルカリ ラクマ
ユーザー数 2,200万人 1,100万人
販売手数料 10% 3.5%
振込手数料 200円 210円(1万円以上で楽天銀行への振込なら無料)
発送方法 らくらくメルカリ便,ゆうゆうメルカリ便など かんたんラクマパックなど
決済サービス メルペイ 楽天キャッシュ

※ユーザー数は2019年4月現在(参照:https://markezine.jp/article/detail/31415

 

フリマアプリのトップ2と言われているメルカリとラクマですが、ユーザー数はメルカリの方がダントツで多いです。

 

大きく違うのは販売手数料。

 

メルカリは売り上げの10%が手数料として引かれます。

 

対して、ラクマは3.5%なので、手元に残るお金を出来るだけ高くしたいならラクマの方がいいのかなと思いますよね?

 

間違ってはいないのですが、僕はメルカリで出品していることの方が多いんです。

きょーへい
きょーへい
しかも、僕は楽天カードや楽天銀行、楽天市場をよく使う楽天ユーザーです!

じゃあ、ラクマの方が手数料が低いし絶対ラクマの方がいいじゃんって思いましたか?

 

もちろんラクマも利用しているのですが、メルカリがメインになりました。

 

その理由をメルカリとラクマを比較しながら説明していきますね!

メルカリとラクマを使って気になった点を徹底比較!

きょーへい
きょーへい
ここからは僕がメルカリとラクマを使って感じたことを比較しながら紹介していきます!

販売手数料で考えたら絶対ラクマ!

メルカリで1番気になるのが販売手数料の高さ。

 

メルカリは販売手数料が売上金から10%で、さらにそこから送料を引いた金額が手元に入るわけです。

 

ラクマの場合は販売手数料が3.5%。

1万円で商品が売れたとしたら…

  • メルカリ…手数料は1,000
  • ラクマ…手数料は350円

この差を大きいと思うか大したことないと思うかは人それぞれです。

 

手数料は売る金額が大きければ大きいほど引かれる金額も大きくなります。

 

なので、僕は1万円を越える商品はラクマで売るようにしています。

きょーへい
きょーへい
ラクマは振込額が1万円以上だと、楽天銀行への振込手数料が無料になるので高額商品を売るのにおすすめです!

メルカリの方がラクマより売れやすい?!

これは僕の体感ですが、メルカリの方が売れるのが早いです。

 

単純にユーザー数がメルカリはラクマよりも多いので、その分売れやすいのはあるはず。

きょーへい
きょーへい
1万円以上の商品はラクマで売りたいのですが、なかなか売れずにメルカリに出品したらすぐに売れたこともあります。

また、出品時に掲載できる写真の枚数がメルカリの方が多いです。

(メルカリは10枚,ラクマは4枚)

 

メルカリの方が写真で商品の状態を伝えやすいので、買う人も安心して購入できるのかなとも思います。

 

実際、メルカリとラクマで同時に出品してもほとんどメルカリで売れます。

きょーへい
きょーへい
ラクマの方が販売手数料が安い分、売値も安くしてるのですが、メルカリの方が先に売れるんですよね。

断捨離などをしてできるだけ早く物を売りたい人はメルカリがおすすめです。

どっちも発送は匿名でできてかんたん、だけど…

メルカリもラクマも同じような金額でヤマト運輸・日本郵政での発送ができます。

 

どちらもアプリ内で発行されるQRコードを使えば、コンビニや郵便局で匿名配送ができ、相手の住所などの記入もいらないので初めてでもとても簡単です!

 

ただ、ラクマにはなくてメルカリにあるとても便利な発送方法があるんです。

 

それが集荷サービスと宅配ロッカー

 

集荷サービスは追加で30円かかりますが、アプリ内で集荷依頼をすることができます。

 

また、僕がいつも使っているのが宅配ロッカー。

 

駅やコンビニ,駐車場,公共施設にあるPUDOロッカーは、QRコードをスキャンしてロッカーに入れるだけで発送できるんです。

 

コンビニからの発送も簡単ですが、圧倒的にPUDOロッカーの方が楽で簡単です。

最寄りの駅にあれば、通勤・通学のついでに1分あれば売れた商品の発送ができます。

 

また、メルカリはオリジナル梱包材をアプリ内やコンビニで購入することもできます。

「どうやって梱包したらいいかわからない」というかたでも、メルカリの梱包材を使えば安心して商品を売ることができますよ!

売上金の使い道でメルカリとラクマの差が出る

最後に売上金の使い道について。

 

メルカリもラクマも現金振込と決済サービス(メルペイ・楽天キャッシュ)での利用が可能です。

 

現金振り込みは手数料がかかりますが、メルペイや楽天キャッシュで使う場合は手数料がかかりません。

(ラクマで楽天銀行に振り込む場合は1万円以上で手数料無料になります)

[jin_icon_pen color=”#ffedd8″ size=”18px”]メルペイのいいところ

  • メルカリ内で買い物できる
  • コンビニなどの買い物で使える
  • Suicaへのチャージができる

メルカリは出品されている商品が本当に多いので、売上金での買い物をすることも多いです。

きょーへい
きょーへい
僕は売上金で本を買うことが多いです!

中古だけど綺麗なものが多いので、欲しい本があったらまずはメルカリで検索します!

また、メルカリは化粧品など未使用のものも多く売っているので、売上金でそのまま買い物するのは本当におすすめです。

[jin_icon_pen color=”#ffedd8″ size=”18px”]楽天キャッシュのいいところ

  • コンビニ以外にも楽天市場などで使える
  • 楽天ポイントがたまる
  • 楽天ユーザーへの送金ができる

楽天キャッシュの強いところは、楽天サービスが利用できること。

 

メルカリと同じくコンビニなどで利用できるほか、楽天市場や楽天トラベルにも使うことができます。

 

楽天カードを持っている人は、楽天キャッシュでの支払いで楽天ポイントが貯まるのが嬉しいですよね!

結論:メルカリとラクマどっちを使えばいい?

ここまでメルカリとラクマを比較してきました。

 

メルカリにもラクマにもそれぞれいいところもイマイチなところもあります。

 

僕がどっちも使って感じたのは、初めてならまずはメルカリを使うのがおすすめということです!

初めての人にメルカリがおすすめな理由

  • ユーザーが多く売れやすい
  • オリジナルの梱包材で簡単に梱包できる
  • 売上金はメルカリ内やコンビニで気軽に使える

初めてフリマサービスを使うときのハードルは梱包や発送の面倒さだと思います。

 

メルカリなら梱包材をセットで変えるし配送方法も宅配ボックスや集荷依頼があり幅広いです。

 

ただどうしても販売手数料を安くしたい人や、楽天ポイントや楽天銀行のサービスを利用中ならラクマでいいと思います。

きょーへい
きょーへい
僕は、高額商品はラクマとメルカリで同時に出品して、本や洋服はメルカリだけに出品しています。

余裕があれば両方使うのもおすすめですが、最初はメルカリのが売れやすいのでおすすめです。

 

メルカリなら登録時に紹介コード「RCASJR」を入力で500円分のポイントが獲得できるのでぜひ活用してください!

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

 

▼メルカリでの出品の手順はこちら

メルカリの梱包・発送の手順
メルカリで断捨離しながらお小遣い稼ぎのススメ【コツと梱包や発送の手順】家の整理をして出てきた使わなくなったものが、お小遣いに変わったら嬉しくないですか? メルカリを使えば、店舗で売るよりも高く...