準備の話

【完全版】日本からオーストラリアワーホリに持ってきてよかった物&いらない物まとめ

オーストラリアワーホリの持ち物
きょーへい
きょーへい
これからワーホリに行く人に向けて持ち物について書きました!

どうも、きょーへいです!

 

旅行と違って現地で生活することになるワーホリは、持ち物も少し違ってきます。

 

なんども海外旅行はしてきたけど、ワーホリにくると「持って来ればよかったな」とか「これは要らなかったな」なんてものがちらほら…。

 

なので、実際にオーストラリアワーホリを経験して感じた持ち物についてまとめていきます。

この記事でわかること

  • 日本から持ってきてよかったものベスト5
  • 日本から持って来ればよかったものベスト5
  • 現地で買うのがおすすめもの

オーストラリアワーホリで持ってきてよかった物TOP5

きょーへい
きょーへい
早速オーストラリアのワーホリに持ってきてよかったものTOP5を紹介します!

1,塩昆布

栄えある第一位は「塩昆布」です。

僕らは日本から塩昆布、粉末だし、ワカメのふりかけ、お茶漬けの素、わかめスープ、フリーズドライの味噌汁を持ってきました。

 

この中で1番重宝したのが「塩昆布」なんです。

 

炒め物にもサラダにも、そのままご飯と一緒でも本当に美味しいんですよね。

 

特に、お弁当が必要なときにおにぎりの具にできるのが便利で楽!

 

日本にいるときはそんなに使っていなかったのに、オーストラリアではなくてはならない存在です。

 

ちなみに、日本食品はオーストラリアでも購入することができます。

 

ただ、日本で買うのに比べたら高い!

 

そして、塩昆布は1度も目にしませんでした。

 

僕らは1袋だけ持ってきているのですが、2〜3袋買ってきてもよかったなって個人的には思ってます。

2,洗濯グッズ

普段の旅では折りたたみのハンガーと洗濯バサミだけ持ち歩いています。

 

ただ、ワーホリは旅と違って現地で生活することになるので、洗濯物を干すのに使うアイテムはとても役立ちます。

さらにこ「これ持ったきてよかったな」というのが折りたためるカゴ。

洗濯物をまとめておけるし、洗濯しに行くのも楽だし。

 

折りたたんだらスーツケースに入れても邪魔にならないし、帰りはシェアメイトとかにあげれば荷物は減るし喜ばれるし。

 

いいことだらけ!

 

また、海外の洗濯機は強くて洋服が縮む可能性もあるので、洗濯ネットもあったほうがいいですよ。

 

ちなみに、洗剤や柔軟剤は現地のスーパーで買えるので持ってこなくて平気ですよ!

3,たこ足コンセント

オーストラリアは日本とコンセントの形が違います。

日本はAタイプで、オーストラリアは「ハ」の形をしたOタイプです

なので、前提として変換プラグがないと話になりません。

 

僕は海外旅行をよくするので全世界対応のものを使っています。

安く済ませたいならO→Aのみの変換プラグがおすすめです!

海外で買うよりも日本で買う方が安くていい商品なことが多いので、日本で買っていってください。

 

そして、プラスして持っていきたいのがタコ足。

 

オーストラリアで5件以上の家に済んだのですが、コンセントの位置が微妙だったりするんですよね。

 

さらに、タコありがあれば変換プラグ1つで、一気に複数の日本のコンセントを使うことができます。

 

安いのを買って帰るときには日本人に譲るなり売るなりすると、帰りが楽になりますよ!

パナソニック(Panasonic) ザ・タップQ(3コ口)(スナップキャップ) WHA2433LP 【純正パッケージ品】

4,サングラス

オーストラリアでワーホリするなら日焼け対策は必須です!

 

僕なんて人生で初めてちゃんとしたサングラスを買って毎日日焼け止めを塗っています。

 

その理由は、オーストラリア上空のオゾン層が破壊されていて、その影響で皮膚癌になる人が多いから。

 

黒くなるのはいいとして、皮膚癌は嫌ですよね?

 

紫外線は目からも入ってくるのでサングラスは必須!

オーストラリアではサングラスは当たり前のようにみんなしています。

 

僕らも買い物に行くだけでもサングラスをしていました。

 

さらに、女性の方はさらっと羽織れるUVカットのパーカーなんかがあると重宝するはずです!

5,水筒

水筒は持っているとエコだし、なによりも節約になります。

 

オーストラリアは水道水を飲むことができるんです。

 

若干クセがあるのですが、スーパーで売ってる浄水ポットを使えば抵抗なく飲めます!

 

なので、水筒を持っていれば飲み水を買わなくていい分節約になるんですね。

 

また、オーストラリアは小さいペットボトルが高いです。

 

なので、出来るだけ水筒を持ち歩くとコツコツと節約できますよ!

オーストラリアワーホリに持って来ればよかったもの

きょーへい
きょーへい
次にワーホリに日本から持って来ればよかったなと後悔しているものを4つ紹介します!

1,黒綿棒

1番持って来ればよかったって思っているのが黒綿棒。

 

僕らは2人ともギザギザになってる黒綿棒が大好きなんです。

 

大好きすぎてパースにあるダイソーで購入しました。

 

ただ、値段は3.3ドル(約250円)……高い!

 

黒綿棒好きは日本で買ってからきましょう!!!

2,箸

箸も持っていけばよかったなって思っています。

 

シェアハウスによっては箸もありますが、僕らがいたシェアハウスにはありませんでした。

 

もちろんフォークやスプーンでも食事も料理もできますが、箸があったらいいなって思うことも多いです。

 

僕らはオーストラリアで買ったのですが、高いしプラスチック製なので料理で使うと溶ける…

 

ということで日本から持っていくのがオススメです。

3,ブルーライトカットメガネ

ワーホリって意外と暇な時間が多いんですね。

 

で、暇な時間になにおするのか…?

 

youtubeを見たりSNSを見たりKindleで本を読んだり……

 

基本的にパソコンかスマホを見ていることが多くなると思います。

 

僕は普段からブルーライトカットメガネを使っているのですが、なぜか持っていくのを忘れました。

 

悔やんでも悔やみきれないくらいです。

 

普段使ってないかたも、ブルーライトをカットすると睡眠の質が上がるらしいのでこれを機に試してみてください。

4,筆記用具

ノートやペンなどの筆記用具も日本から持っていくのがオススメ!

 

理由は単純で、日本で売っているものの方が安くて質もいいから。

 

特にボールペンの替え芯など普段から使っているものがある場合は多めに持っていってください。

 

僕は、オーストラリア のスーパーでノートを買ったのですが、書き心地が悪く日本のノートは安いものでも本当に質がいいんだなと実感しました。

ワーホリ中に現地で買えるオススメのもの

きょーへい
きょーへい
僕らがオーストラリアで購入した主なアイテムを紹介しますね。

シャンプーとかの日用品

日用品は現地で十分揃えることができます。

 

これじゃなきゃダメというものがないなら、現地で揃えるのが楽です。

 

特にオーストラリアのスーパーでは日用品も半額になっていたりするので、日本で買っていくより安く揃えられることもありますよ。

 

また、オーストラリアにもオーガニック商品を扱っているブランドが多くあります。

 

オーストラリアで人気で僕らも使っていたのが「sukin」のシャンプー類。

あやき
あやき
AirBnBでオーストラリアの家に宿泊すると高確率でsukinの商品が使われていました!

sukinはスーパーにも売っていて、半額になることもある手軽さも魅力的。

 

日本から持っていくのは小さいトラベル用にして現地でお気に入りを見つけてみてください!

ブランケット

僕らがオーストラリアで購入した宝物がブランケット。

 

Kmartという何でも屋さん(?)で14ドル(約1,060円)で買いました。

 

オーストラリアの冬はけっこう寒くて、このブランケットが大活躍!

きょーへい
きょーへい
このブランケットのおかげで冬が越せたと言っても過言ではないです!

オーストラリアはKmartとTargetが何でも屋さんなので、日用品はこの2つとスーパーで揃えられますよ!

タオル類

タオルもブランケットと同じくKmartやTargetで購入できます。

 

僕はバスタオルを3ドルで買いました。

 

タオルはかさばるものなので、現地で買うのもありかなと思います。

 

もちろん洋服も安く買えますよ!

エコカップ・エコラップ

生活する上で必ず必要ではないかもですが、買ってよかったものがエコな商品。

 

エコラップは使ってみたいなと思っていて、いい感じのものがファーマーズマーケットに売っていたので買いました。

 

電子レンジなどには使えないですが、冷蔵庫で保存する分には使えるし何より使い捨てじゃないのがいいですよね。

 

エコカップもカフェのテイクアウトで使えるし、帰国した後も使っています。

 

エコ先進国ともいわれるオーストラリアなので、せっかくの機会にエコなものを生活に取り入れてみてはいかがですか?

ワーホリでもできるオーストラリアのエコな生活【実践しているのを紹介します】こんにちは! オールトラリアに来て早8ヶ月、日本にいた時よりも1つずつ丁寧にものを選ぶようになったなと感じています。 ...

オーストラリアワーホリの持ち物まとめ

以上、ワーホリに持ってきてよかったもたちでした。

 

人によって必要なものは変わってきます。

 

ただ、実際にワーホリにきてみて感じたのは、普段の生活で使っているものはあったほうがいいということです。

 

旅とは違い「生活をする」ことが基盤になるのがワーホリです。

 

なので、普段の生活で何が絶対に必要で、何がなくてもいいのかを考えながら準備をしてみてください。

 

また、持ち物ではないですが免許証やクレジットカードの期限も必ずチェックしておきましょう!

オーストラリアワーホリの海外旅行保険を安くするおすすめの方法【クレカとグローブパートナー】ワーホリで必ず必要な海外旅行保険。日本から加入するととても高額で気が引けますよね。そんな海外旅行保険を安くする方法を紹介します。僕も実際にこの方法で5万円で海外旅行保険に加入しました!ワーホリ出発前に必見です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください