オーストラリアワーホリ

【オーストラリア・パース編】カップルワーホリ最初の1ヶ月の生活費用大公開!

こんにちは!きょーへいです!

 

オーストラリアのワーホリで最初に滞在したパースでの、僕らカップルの生活費をまとめました!

 

パースでの滞在は25日間で、バッパーに泊まったりシェアハウスに引っ越したり。

 

また、生活必需品を揃えたり車を購入したり。

 

すべてにかかった費用を大公開します!

 

パースでワーホリをしようとしている方の参考になれば嬉しいです!

パースでのワーホリ生活はこんな感じ

期間 2019.5.4〜5.28の25日間
住んでた場所 最初の3泊はバッパーでその後シェアハウス(個室)
仕事 週1回焼肉屋さん
主な移動手段 バス・車
観光 ウェーブロック・バッセルトン

僕らはパースに到着して約1ヶ月滞在しました。

 

仕事はほぼほぼしないで、のんびり暮らしてたまーに観光といった感じ。

 

最初の3泊だけ予約していたバックパッカーズに宿泊して、その後はシェアハウスに移動しています。

 

シェアハウスはダブルベッドの個室・シャワーとトイレは共用です。

あやき
あやき
ということで、さっそくパースでの約1ヶ月の生活費用を見ていきましょう!

オーストラリアワーホリパースでの1ヶ月の生活費用は?

僕ら2人のパースでの生活費は$3,795でした!

 

日本円にすると約284,625円($1=75円計算)です。

 

2人でこの金額なので、1人あたり14万円ですね。

 

この後、詳しく中身を解説していきますが、この金額の半分以上が車の購入費です。

 

なので、単純な生活費+観光で見ると1人あたり7万円で生活しました。

パースでの生活費用を項目で分けてみた

きょーへい
きょーへい
先ほどの金額の詳細をざっくり項目ごとに分けてみました!

家賃・宿泊費

オーストラリアのシェアハウスは週で◯◯ドルというのが基本です。

 

僕らは2人で週$200でした。

 

パースのシェアハウスには3週間住んでいたので合計$600。

 

これにプラスしてボンド(保証金)を$400払いました。

 

さらに最初はバッパーに3泊したので、これが2人で$105。

ということで家賃と宿泊費で合計$1,105でした。

あやき
あやき
単純な家賃だけなら1週間$200なので、1ヶ月だと$800で2人で住むことができます!

私たちの家はパースだと安い方です!

スマホのSIM代

スマホのSIMは2人とも「BOOST MOBILE」を使っています。

 

僕のチャージミスなどもあって2人で$95も使ってしまいました。

 

内訳は、あやが$40、きょーへいが$55です。

きょーへい
きょーへい
この月は1ヶ月のプランでしたが、翌月から6ヶ月$100で60GBのプランにしました!

これだと1ヶ月約$16で10GB使えるのでとても安くてお得です!

食費・日用品

食費と洗剤などの日用品は別けたかったのですが、スーパーで一緒に買っているので合わせた金額にします!

 

合計で$217でした!

 

到着してすぐの月なので各調味料やシャンプーや洗剤などの必需品を購入しました。

 

オーストラリアのスーパーは週替わりでセール品が変わるので、上手に買い物すれば節約できます!

オーストラリア スーパーテリヤキソースが50セントなんてことも!

 

きょーへい
きょーへい
いま振り返ると、よくこの金額で収まったなという感じ…

物価の高いオーストラリアですが、食料品は安いものも多くあるので、節約もできます!

外食費

外食は1ヶ月で$86.4

 

基本的には自炊でしたが、ファストフードに行ったりタピオカを飲んだり。

ピザがドリンクとセットで$5。小腹が空いたときにぴったり!

 

オーストラリアに来てテンションが上がってたのか結構使ってます。

あやき
あやき
パースの街中は誘惑がたくさんあって大変です……

でも楽しかったかし美味しかったからOK!

生活用品

ここでの生活用品は洋服やブランケットです。

 

僕らはファームで働きたかったので、長袖のTシャツを1着ずつ買いました。

 

また、5月のパースはまだ寒かったのでブランケットも1枚購入しました。

 

合計が$25

 

Tシャツもブランケットも重宝しているので、いい買い物だったと思います!

あやき
あやき
Kmartで購入した$14のブランケットが肌触り最高で2人とも大好きです!

交通費(ガソリン)

交通費はガソリンとバス・電車で使ったお金です。

 

合計で$160

 

僕らはウェーブロックやバッセルトンに車で行ったので、そのときのガソリン代が$100。

 

バスと電車はスマートライダーというICカードを使っていて、自動でチャージされるように設定したので1人$30ずつ使っています。

 

家から中心地までバスで15分くらい離れていたので、シティに住めれば生活する上での交通費はほぼ0でいけます。

きょーへい
きょーへい
スマートライダーは銀行からの自動チャージで安くなるのでおすすめです!

また、パース市内の観光や移動は無料のキャットバスを上手に使えば安くなりますよ!

観光費

観光で使ったお金はなんと$0。

厳密にいうとガソリンや食事で使ったけど、それは交通費と外食費に入れてます。

この月に観光した場所はウェーブロックとバッセルトン桟橋。

 

ウェーブロックは駐車場代がかかるのですが、たまたま出る人が駐車券をくれたのでタダ。

 

バッセルトンも入場料がかかるのですが、夕方5時以降は無料でそのタイミングだったのでタダでした。

あやき
あやき
これに関してはラッキーでした!

観光に関しては別記事にてまとめてるので、よかったら見てみてください!

交際費

交際費は$20

 

あやの妹がパースでワーホリをしていて、空港に迎えに来てもらったのでお礼にコーヒーとパンを買ったのがこの20ドルです。

その他

その他として車関係で$2,043使いました。

 

車代が$2,000で名義変更の手数料で$43です。

 

車を購入する方は車代と名義変更の手数料が必ず必要になります。

まとめ:到着後は初期費用で高くなります!

オーストラリアでの生活は、自炊をして外食を控えれば安くすることができます。

 

ただ、到着直後は生活必需品だったり、調味料を買ったり何かとお金がかかります。

 

なので、初期費用として10万円〜20万円は準備しておくのがおすすめです。

きょーへい
きょーへい
車を買うかどうかによって大きく違ってきますね!

最初はお金がかかってしまいますが、今後のワーホリ生活を快適にするための投資なので仕方なし。

 

出発前の準備段階で、日本から持っていくものと現地で買うものをメモしておくておくと最初の買い物はスムーズになりますよ!

 

ではでは、パースでの生活費はこんな感じで!

参考になれば嬉しいです!

僕らのオーストラリアワーホリ到着編【現地で最初にやることリスト】オーストラリアのワーホリは到着後もやるべきことがたくさんあります。僕らの実体験を元に、やるべきことを時系列でまとめました。...